異性に求める性

27歳未婚女子。この年頃になって気付くこと。それは浮気、不倫とはなんぞやということである。結婚というワードが身近になったいま、社会人としてかかわる人の年齢分野が広がったいま、男性の気持ちを客観的に観察していて気付くことがたくさんある。

自分は女性として生まれてきたから、今回は異性である男性の浮気や不倫がなぜ発生するのか、という疑問にかんして、冷静に客観視して気付いたことをここで述べたい。まず男性にとって「仕事」というのは、彼らの人生にとってとても大きな比重を占める。職場や仕事というのは、彼らにとってのいわば戦場、気をはり続けている場所なのである。つまりその環境外、彼らが仕事(戦い)を終え、プライベートに戻るとき、一番必要としているのは、癒しの場。唯一心を開放し、リラックスすることのできる空間なのではなかろうか。

しかし結婚後の女となれば、子育てと家事、いまでは仕事も兼任しながら動き回る女性も少なくない。女性も戦場に出ているわけである。自分のキャパ以上にやることに追われているそんな彼女たちの心境を考えれば、旦那を癒すという空間づくりに気持ちを注ぐ余裕が減ってきているのではなかろうか。つまり近年の男性は、戦場から唯一の癒しとなるべき家に帰っても、そこには癒しがないという場面におかれていることが少なくないのではなかろうか。

だからこそ外に、若い癒し系の女の子に、接していてただただ穏やかになれる女性を求めだし、ふわついた心が生まれるのではないかと感じる。

ニートですが出会い系で出会った女性に尽くしてもらっています

神奈川県川崎市在住、無職、いわゆるニートをしている20代男性の自分、ニートなので現実では女性に相手にされず、知り合う術もなく、インターネットの出会いに望みを託すこととなりました。 出会えるとうわさの出会い系サイトにて出会いを試みるようになり、何度か女性と出会いましたが、今は特定の女性とお付き合いをしています。

24歳の女性会社員の彼女であり、こちらがニートだからと、生活費やお小遣いを渡してくれます。 こんなうまい話があっていいのかと、当初は驚きましたが、出会い系においては自尊心が低く、他人に施すことで幸せになれる女性は多いのだと後に知りました。 若く、可愛く、お金持ちの彼女です。 最初のデートも食事代をおごってくれ、プレゼントとして欲しい物を希望すると買ってくれました。

相手が気に入ってくれたようであり、後に何度も会ったのですが、その度にお小遣いをくれたり、おごってくれたりと尽くされました。 今では彼女の部屋で暮らしている状態です。 無職、ニートの男性は増えてきていますが、出会い系でお小遣いをくれる女性をあたってみては。

身体の関係を持ちながら、お金も貰えるのです。 とても良い女性であり、不満なく暮らせています。